小児歯科

小児歯科としての専門性

笑気麻酔で不安なく、ラバーダムを用いた治療でより高品質な歯科治療を

1. お子様の歯科治療において大切なこと

1. お子様の歯科治療において大切なこと

大人でもむし歯の治療は「怖い」「不安」という気持ちはつきものです。ましてや、これまでの人生で一度も歯科治療を受けたことがないお子様や、経験はあっても辛い想いをしたお子様にとっては、歯科治療はより強い恐怖心を掻き立ててしまう可能性があります。

お子様が歯の治療を受けるうえでは、不安感や恐怖感が可能な限り少なくなること、そして、歯科医師をはじめ、歯科医院のスタッフを信頼してもらえるよう、お子様と共に尊敬しあえる関係性づくりが大切であると考えております。
そのため、設備に配慮することはもちろんのこと、お子様としっかりと目をみてお話しさせていただくなど、お子様とのコミュニケーションをしっかりと行っていきたいと考えております。
お子様を1人の大切な個人としてお付き合いさせていただき、また、そのお子様が安心して治療を受けられるよう、医療的にも笑気麻酔という精神的なリラックス感をもたらす手法を取らせて頂くことが可能です。治療後に、「怖くなかった」「痛くなかった」とできるだけ多くのお子様からお声をいただけるよう、常に工夫を改善しながら、精神的なケアにも努めて参ります。

笑気麻酔医療機器について

笑気麻酔医療機器について

当院では株式会社セキムラさんの「サイコリッチ」を笑気麻酔医療機器として利用しており、笑気麻酔について詳しくは、下記のサイトも併せてご覧ください。

笑気麻酔について »

2. 未来あるお子様の歯を大切にする歯科治療

2. 未来あるお子様の歯を大切にする歯科治療

当院では、乳歯(こどもの歯)から永久歯(大人の歯)に生え変わる時期(歯列混合期)におけるむし歯のケアの方法や、ご家庭での生活習慣指導なども積極的に行っております。
特に、6歳臼歯と呼ばれる奥歯は、比較的早い時期に生え変わってくることに加え、とても磨きづらく、こどもの時期からむし歯になってしまうことも少なくはありません。

6歳臼歯に関わらず、これから一生涯お世話になる永久歯が万が一むし歯になってしまった場合、少しでも悪化することを防止するためには、「歯の内部への細菌の再感染」を防止しながらの処置が必要不可欠です。
お口の中には、むし歯菌はもとより、歯周病菌など様々な口腔内細菌が存在している可能性があります。治療によって削った歯の中に、だ液が入り込み、細菌が繁殖すると、歯の寿命を縮めてしまう危険性があります。そこで、お子様の歯の治療の際に、だ液からの感染を防止するために行っている事前処置に「ラバーダム防湿」というものがあります。

ラバーダム防湿について

ラバーダム防湿について

ラバーダム防湿法とは、ゴム(ラテックス)のシートを使い、治療する歯のみを隔離する(露出させる)方法です。
治療前に手間暇をかける必要があるため、あまり多くの歯科医院では実施されていませんが、将来のお子様の笑顔を守るために必要な処置であるため、当院では徹底して実施しております。

フッ素塗布~正しい処置で正しい虫歯予防を~

乳歯や生えたての永久歯といった「こどもの歯」は、大人の歯と比べてエナメル質が薄く柔らかいため、むし歯になりやすいという特徴があります。こうしたこどもの歯をむし歯から守るために有効なのがフッ素塗布です。歯質を強くしてくれるフッ素を、当院の小児歯科では無料で塗布しています。

むし歯を予防するフッ素の働き
耐酸性の向上

歯の表面にあるエナメル質から「フルオロアパタイト」という成分をつくり、この成分がエナメル質をより丈夫で溶けにくくするのでむし歯に強くなります。

再石灰化の促進

フッ素が唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンといったミネラル分と一緒に歯の表面に付着するため、失われたミネラル分を再び取り戻す作用(再石灰化)がうながされます。

抗菌作用の向上

フッ素がむし歯菌の働きを抑え、歯を溶かしてしまう酸をつくらないようにしてくれます。また、むし歯菌が栄養源とする糖の取り込みを妨げる働きもあります。

結晶性の向上

エナメル質の結晶構造が不完全な部分があったとしても、そこをフッ素が代わりに修復してくれるので、歯質が硬くなってむし歯になりにくくしてくれます。

当院のフッ素塗布
高濃度のフッ素(フッ化物)を使用

フッ素入り歯磨き粉を使用すればご家庭でもフッ素塗布はできますが、濃度が低いために予防効果も低くなります。当院では高濃度のフッ素(フッ化物)を直接歯のエナメル質に塗布し、歯質を強化してむし歯の予防につなげています。また当院では、高い効果が期待できるフッ化物洗口剤をはじめとした予防グッズも豊富に取りそろえています。正しい方法を取り入れればむし歯を予防しやすくなりますので、お気軽にご相談ください。

トレー法によるムラのない塗布

当院ではマウストレーにフッ素フォームを充填して歯に一定時間装着する「トレー法」を採用しています。トレー法ならまんべんなくフッ素が塗布でき、高い予防効果が期待できます。

紙しばいで学ぶ、
歯医者ってどんなところ?

歯医者が何をする場所なのか、またどんな器具を使っているのか、お子様にはよくわかりません。しかし、この「よくわからない」が不安や恐怖の原因になってしまうことがあります。まずはこちらで歯医者がどんなところなのか、お子様と一緒にこちらの「紙しばい」をくわしく見ていきましょう。

  • 紙しばいで学ぶ!1~15でわかる!はじめての歯医者レッスン
  • ここが「ママとこどものはいしゃさん」です
  • おなまえがよばれるまでここでまちます
  • 今からみんなの歯をみるせんせいです
  • うけつけのお姉さんです
  • みんなであそべるキッズルーム おかたづけもしてね
  • 歯ブラシをえらびましょう
  • お母さんといっしょに歯みがきをしましょう
  • つづいてせんせいもみがきます
  • せんせいがかがみでおくちをチェックします
  • はいしゃさんでつかう歯ブラシです
  • はいしゃさんの歯ブラシで歯をきれいにしていきます
  • ぶどうやバナナなどの味がえらべます
  • どれにしようかな~♪
  • 終わったらせんせいとあくしゅ!よくできました!

画像をクリックすると次へ進みます。

画像をタップすると次へ進みます。

pagetop